看護部

 当院では、常に思いやりの心を持ち、患者様やご家族に満足いただける看護を提供できるように日々努めています。
 クリニカルラダーを活用した研修、医療安全・看護倫理・リーダー研修・管理者研修や社会の情勢に応じた内容のトピックス研修も行っています。
 また、プリセプター制度を基盤として新人看護職員の育成を図り、スタッフ全員で支援しています。職種別研修では、介護福祉士は3ヶ月に1回、看護助手は1ヶ月に1回生活援助をはじめ事故防止や接遇等の研修を、主に中堅看護師が講師となり行っています。
院外研修についてはできるだけ多くの研修に参加できるような情報提供と体制づくりに努めています。

看護部理念

私たちは専門職業人として対象の満足感と自らの達成感が得られる看護実践が可能となるよう前向きに努力いたします

看護部概要

看護単位

一般病棟・医療療養病棟・回復期リハビリ病棟の5つの病棟と外来・手術室・訪問看護室の8単位

勤務体制

二交替制

看護方式

プライマリーナーシング+機能別 

看護職員数

167名 (看護師・准看護師128名  介護福祉士16名  看護助手23名)

2022年度看護部目標

  1. 患者さまの人権を尊重し、丁寧な対応と思いやりを持った看護・介護を提供する。
  2. 看護・介護の職員がお互いを尊重し合い、働く仲間を大切にしあえる職場づくりに取り組む。
  3. 患者さまやご家族に安心・安全な看護・介護を提供する。
  4. 自己研鑽とスキルアップに努め、質の高い専門的な医療・看護を提供する。
  5. 退院後の生活を見据えたセルフケアの獲得と、患者さまやご家族の思いに寄り添った退院支援を行う。
  6. 多職種と協働し、健全な病院経営に参画する。

看護部教育体制

教育理念

看護専門職者として自己啓発に努め、看護の質の向上を推進する。

教育目標

  1. 専門職業人としての自覚を持ち、科学的・創造的・主体的に行動できる能力を養う
  2. 常に目標を持ち、ポジティブな考え方で自己啓発に努めることができる
  3. 組織の中の一員としての立場と役割を理解し、円滑な人間関係を構築することができる
  4. 自治体病院としての役割を理解し、後輩・看護学生に適切な指導ができる
  5. 接遇を身につけ、人間としての尊厳と権利を尊重し、温かな人間的配慮ができる